上方和算家一覧表


出生地又は活躍地が上方の和算家を集めてみました.



Home
No.
名前
生年
活躍年 没年
師弟
著作
生地
(活躍地)
備考
1 中西正好(文左衛門,十太夫)  1683頃   宮津藩士/池田昌意の弟子/荒木村英の弟子/中西流の祖 「勾股弦適等集」(1683) 駿河
(丹後宮津)
ナカニシ・マサヨシ/ナカニシ・セイコウ
2 中西正則(正利,文左衛門)   1684頃   中西正好の弟 「算法続適当集」(1684),「因解算法」,「至極算法」,「算術百好」(1707) (江戸) ナカニシ・マサノリ
3 島田尚政(源右衛門,算七)   1675頃   井関知辰,田中由眞,大島喜侍,宅間能清ら多くの弟子を育てる 「算法発揮」(1690)は弟子井関知辰の名で出版されている 大阪 シマダ・ナオマサ/シマダ・ショウセイ
4 井関知辰(十兵衛) 1661?     島田尚政の弟子 「算法発揮」(1690)この本の中で,行列式を余因子を使って展開する方法を世界で初めて述べている 大阪 イセキ・トモトキ/イゼキ・チシン
5 宮城清行(外記)/柴田理右衛門   1689頃   宮城流の祖 「明元算法」(1689),「和漢算法大成」(1695)などのほか,弟子の編として「改算記項目」を著した.多くの弟子を育て,宮城流を起こした 京都 ミヤギ・キヨツラ/ミヤギ・キヨユキ/シバタ・リエモン
6 大島喜侍
(芝蘭,善左衛門,忠右衛門)
    1733 前田憲舒の弟子/島田尚政の弟子/喜多治伯の弟子/中根元圭の弟子/大島流開祖 「演段数品術」(1732)などの数学書のほか,「天学便蒙」,「時計考」,「量地術用法」などの著作が多数ある /近畿周辺を歴訪し,数学を各地に広め,自ら大島流を始めた 大阪 オオシマ・キジ/オオシマ・シラン
7 鎌田俊清(五良兵衛) 1678   1747 阿座見俊次の弟子/宅間能清の弟子/宅間流 「宅間流円理」(1722),「立円惑問」(1736)などを著した.それらの中には逆三角関数の無限級数展開が求められているし,円周率の近似値も与えられている 大阪 カマタ・トシキヨ
8 田中由真
(正利,吉真,十郎兵衛)
1651   1719 橋本吉隆の弟子/島田尚政の弟子 「算法明解」(1677),「算法紛解」(1683)などを著した.この中に,関孝和とは独立に行った行列式についての研究が含まれている.また,数学遊戯の書「雑集求笑算法」などを著している 京都 タナカ・ヨシザネ
9